健康診断でひっかかりました…

「HbA1cの値をみてください。8.9ですね。ノブさん、これは糖尿病です。」

へ…糖尿病???
なにそれ?俺のオシッコ甘いの?

「これって『もう一回検査したら間違いでした(;´∀`)>』とかならないんですか?」

「なりません。」

「あ…そうなんですね。」と答えながらも、頭の中はフル回転。

糖尿病ってよく聞くよな~。けっこう大変な病気じゃなかったっけ?
人工透析とか???でもそれは腎臓の病気だったような・・・。

え~~~~俺、死ぬの・・・。

「えっと、糖尿病ってどんな病気ですか?」

あれから1年後の心境

1年前の記憶なので、かなり曖昧ですが、糖尿病と告知されたときの心境は、まあこんな感じだったと思います。糖尿病という言葉は聞いたことがあっても、どんな病気なのかは全く知りませんでした。

私の会社では定期的な健康診断はありません。半年後に結婚することが決まり、町内の健診で980円で受けられるし、という軽い気持ちで5~6年振りに受けてみたらこの有り様でした。

今でこそ、あのタイミングで健診しといて良かった~♪と思いますが、当時は婚約破棄まで考えて、かなり悩みました。

嫁は「私の父も糖尿だから全然平気♪」とあっけらかんとしたものでしたが…(笑)

★本日のまとめ
健康診断は定期的に受けましょう。糖尿病予備軍のうちに気付くことができれば人生が変わるはずです。(でもこの記事を最後まで読んでいるということはもう手遅れなのかも…)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ